地域密着型MVNO「学べるSIM」を作った想い。もっと『格安SIM』をわかりやすく、そしてスマホでもっと便利で豊かな生活を送ってほしいから。

manaberusin-logo

ケータイの窓口では地域密着型MVNOと題して『学べるSIM』という、いわゆる「格安SIM」をはじめました。

↪︎ ケータイの窓口の格安SIM「学べるSIM」誕生! | ケータイの窓口

これは、今まで “ケータイ教室” や “スマホ相談窓口” として地域の皆様と一緒に歩んできたケータイの窓口だからこそ、ある種の “使命” としてはじめました。

もう使いこなしている方は当たり前になりすぎて実感がないかもしれませんが、スマートフォンは私たちの生活を本当に便利で豊かにしてくれました。

私も最初にスマホを手にした時、「すごい!これで地図が要らなくなった!」「スケジュール帳も要らなくなった!」「調べ物もすぐできちゃう!」「紙の本も持ち歩かなくてよくなった」「パソコンのメールもこれで見れちゃう」「ネットショッピングでのお買い物もわざわざパソコン開かなくてよくなった!」「SNSで世界が広がった!」「ゲームもできちゃう…」などなどたくさんの感動があったことを覚えています。

この感動をまだスマホを使っていないお客様にも伝えたくて、ケータイの窓口は存在しています。

かなり普及してきたとはいえ、スマホを使ったことがない方にとってまだまだスマホは敷居が高い代物です。

ケータイの窓口にはたくさんの方が日々ご相談にこられます。
50代以上のお客様のご来店が比較的多いでしょうか。

「スマホって本当に便利なの?」「スマホってそもそも何ができるの?」

という本当に基本的なご相談が多いのです。

また、

「スマホ買ったのだけれど、結局、電話とメッセージしか使っていないんですよね」

という方のご来店も多いです。
せっかくガラケーよりも高い料金を払っているはずなのに、ガラケーと同じ使い方ではあまりにも勿体無いんです。

スマホって少し使いこなせるようになるだけで、本当に生活が便利になります。
毎日がより楽しく豊かになるんです。

だから、ご相談にこられるお客様の毎日の生活が少しでも便利で豊かになるように…

お手伝いできればと思って、ケータイの窓口のスタッフは日々活動しています。

〆「格安SIM」という存在意義

昨今、「格安SIM」「格安スマホ」という言葉が世間でも騒がれはじめました。
ニュースや新聞でもその言葉がかなり取り上げられるようになりました。

従来の3大携帯キャリアの料金が高いからと、いわゆる MVNO が注目されはじめたのです。

ただ、上記「スマホ」同様、いや、それ以上に「格安SIM」は “わかりにくいもの” として印象づいてしまっています。
手続きできる場所がほとんどないのも相まって “敷居が高いもの” になってしまっています。

本当は、上記のような “あまりスマホを使わない” 方にこそ、料金の安い「格安SIM」は最適なのに。

だから、ケータイの窓口は「格安SIM」を始めました。

その名も『学べるSIM』です。

これからスマホを始めようと思っている方や、スマホ買ったけど結局ほとんど使ってないという方が、より便利で豊かな生活を送れるように。

相談窓口を常に用意しているケータイの窓口だからこそ、一緒に学んでスマホを使いこなせるようになってほしいから。

オリジナルの MVNO として『学べるSIM』を作りました。

まだ、福岡の中でも北九州市と中間市にだけ店舗を構えているケータイの窓口ですが、だからこそ地域の皆様に寄り添って、より「格安SIM」がわかりやすいものとして御認識していただけるように。よりスマホが身近なものになるように。

皆様の毎日がより楽しく便利で豊かになるよう、お手伝いできれば幸いだと思っております。

格安SIM